MAINTENANCE

 

さて若者号の続きです!

タイヤの溝も少なめではありますが、今回タイヤを換えたかった理由は。。

タイヤの裏側まで飛び出しているのは、釘です!

パンク修理も可能ですが、高速道路やサーキットなどタイヤの内圧が上がってしまう場合、

修理した蓋が外れることが稀にあります!

大事故にもなりかねないので、タイヤごと交換です。

タイヤ交換ついでにベアリングを確認すると。。

スムーズに回るはずのベアリングはゴリゴリです・・

在庫もありますので、ついでに交換します!

取り外したベアリングを確認の為分解すると

乾いたグリスに錆びが乗っかっています!

錆びたベアリングは磨耗し、軸がガタガタになりますのでハンドル操作やブレーキに悪影響を与えます!

タイヤ交換時ここまでチェックしておけば一安心です。

 

ベアリングはほとんどがスチール製ですので、年数が経てば錆びます。

あなたの愛車は大丈夫でしょうか?

こちらのメンテナンスはお預かり無く作業が可能です。

ご予約は必要ですので、電話かLINEよりご連絡おまちしております!

 

 

 

 

先日ブログに登場した若者号。

今回のメンテナンスは。。

チェーンとスプロケット(歯車)交換です!

上の写真では所々で歯の先端がかけてしまっています!

こちらが正常な状態。

痛んでしまったチェーンはスプロケットも痛めてしまいます。

なのでスプロケットの痛みは、チェーンの交換サインになります!

どちらかが痛んでいると新品部品にダメージを与えますので、前後スプロケットとチェーンは同時交換してください。

 

こちらの作業はその日のうちに終わります。

愛車のスプロケット、写真を参考にチェックしてみてください。

また、判断がつきにくい場合はLINEに写真を載せてご相談ください!

 

珍しくゼファー1100のクラッチ滑りのお問い合わせ。

ゼファー1100は、GPZ,ZX系のエンジン(パワーがあるエンジン)がベースで設計されているので、

クラッチ滑りは珍しいのですが、高速道路で加速しなくなってしまったそう。。

リーフスプリングが折れてしまうことは良くあるのですが。

走行距離は35000Km!

早速見てみましょう!

あらら、摩擦面が完全に平らになっています。。

これでは街中でも支障がでそうです!

クラッチ盤のはまる溝はどうでしょう?

うーん、やはり凸凹になっています!

あまりひどくなるとクラッチの切れ不良やジャダー(発進時にガクガクする)が起き易くなるので、

ヤスリで磨いで滑らかに。

 

おそらく原因は車用のオイルを長年使用していたそうで。。

低燃費にする為、滑りやすい成分が配合されています。

エンジンの構造が車とは異なりますのでご注意を!

 

 

こちらの作業、基本はお預かりになりますので電話か便利なLINEよりご予約ください。