MAINTENANCE

 

ガソリンコック

2018.12.14 | maintenance | soil

負圧式のガソリンコックは通常 ON/RES 時はガソリンは止まっていますが
経年により内部のゴムパーツ類の劣化でガソリン漏れを起こし気づかずに放置していると
外装パーツの劣化やキャブレターのオーバーフローなどのトラブルの原因となります。

Soil Magicでは分解し点検、ゴムパーツはすべてKAWASAKI純正部品を使用し交換致します。

 

新旧のゴムパーツ類
今回のコックはガソリン漏れを起こしてはいませんでしたが
右側の古いゴムパーツを見てみると、経年劣化で硬化、亀裂が見られ
これらが原因となりコックからのガソリン漏れを起こす可能性があります。

年式が経っているからといって放置していると大変危険です。

 

慎重に各部点検しながら組み付け、
ガソリン漏れがないことを確認し完成となります。

コックからのガソリン漏れは非常にゆっくり漏れていくことが多く
一見わかりづらい箇所でもあるので、ゴムパーツ類は交換してあると安心ですよね。

Soil Magicでは車輌入庫後、全車これらの作業を行っております。

購入後のトラブルを回避するためにも確認しておきたいポイントの一つであり
Soil Magicではお客様自身の目で漏れチェックも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

 

他店でご購入の車輌で不明な場合はお持ち頂ければ交換されているかチェック致します。
上記の作業だけでも承りますのでお気軽にお問い合わせください。

NEWペイント

2018.11.13 | maintenance | imai

本日は、前回maintenanceブログ厳選車輌で少しお話したNEWペイントについて。

車やバイクが好きな方ならSTANDOX、R-M、PPGといったペイントメーカー一度くらい耳にした事があるかと思います。

その中でもSoil Magicでは、高品質で美しい仕上がりが特徴のSTANDOXを使用し
最高のクオリティーで仕上げています。

最近の車両は年式等によりボディコンディションのあまり良くない車両も増え
他店購入の車輌も購入価格の割りに外装の補修もおざなりになっている車も少なくなく、補修してあったとしても適当な板金の上に適正な塗料で塗装されておらずパテ目が浮いている、艶引きや色がぼやけてているなど、その直し方ひとつ取ってみてもずさんな修理が目に付くようになってきました。古い車両だからこんなもので片付ける、これではせっかくの車両も満足するには、到底程遠いですよね。

 

そこでZEPHYR専門店としてSoil Magicでは、値段が安いだけの直し方ではなく
エンジンコンディションとともに外装コンディションにも拘って社内基準に満たない
外装はNEWペイントとしてブラッシュアップされ当時の新車以上の最高の仕上がり
で仕上げます。


純正カラーを忠実に再現するため熟練の技術者が0.1グラム単位まで微調整し調色を行います。

決して妥協は致しません。

 

 

最高の仕上がり是非ご覧いただきたいと思います。
何を作るのではなく本物を追求し忠実に当時の形を作る事を
Soil Magicは提案致します。。。